【デメリットは?】ノンフライヤーオーブンで豚肉カリカリに揚げた豚もやし【失敗談】

【ノンフライヤー(エアフライヤー)のデメリット】

・普通の揚げ物と仕上がり方が違う

・衣や片栗粉をつけて揚げると中に引っ付いたり、揚げむらができて美味しくできない

・常設するので場所をとる

【ノンフライヤー(エアフライヤー)のメリット】

・一度揚げて冷凍しているタイプの揚げ物は上手に揚げ直すことができる

・余分なカロリー(油)がカットできる

・惣菜やマクドナルドのポテトなどが美味しく温め直せる
 
今回はノンフライヤー(エアフライヤー)のデメリットや失敗談を交えながら、ノンフライヤーで作ったカリカリ豚もやしと万能ねぎ塩だれについて書いていきます。

片栗粉を付けた豚の切り落としをノンフライヤーで揚げたらどのようになったのか見てみてね。
他にもノンフライヤーで料理をつくっているので、そちらも合わせて読んでいただけるとノンフライヤーがある生活をイメージしやすいと思います。
 
 

5,000円くらいでも見つかります!
タイムセールとかによくかかってるので
チェックしてみてね

【デメリットは?】ノンフライヤーオーブンで豚肉カリカリに揚げた豚もやし

今回は買ってきた豚の切り落としをカットして一口サイズにしたものを片栗粉を付けてノンフライヤーで揚げてみました。

味付け塩コショウ・料理酒・少量の片栗粉をまぶして200℃に設定したノンフライヤーオーブンで10分間調理しました。

結果として、豚肉は確かにカリカリにはできたけど、衣がやっぱり中に引っ付いて洗いにくかったかな。

水につけておけば多少洗いやすくはなるけど、ちょっと手間だね。

ちなみにノンフライヤーオーブンの調理のコツは、ずっと調理時間中放置するのではなく、調理途中で1回から2回中を混ぜることです。

熱風を当てて調理するかどうしても、食事阿賀重なっているムラができるのでなるべく均一に調理するためにちょっと一手間かけると仕上がりが変わりますよ。

 

簡単に味付けして片栗粉を少しまぶす
5分経ったら、全体を混ぜる
10分でこんな感じ
やっぱりひっつきます
茹でておいたもやしに乗せるよ

とろっとして美味い!万能ネギ塩タレ

ノンフライヤーで作った豚もやしにかけるのは、牛タンとか食べる時の「ネギ塩タレ」にしますね。

簡単だし、好みに調整できるのでよかったは作ってみてね。

材料はこんな感じ
ニンニク・砂糖・塩胡椒を入れてネギから水分がででしっとりするまて混ぜる
レモン汁を馴染ませたら味見
後でごま油を入れるので濃いめにしてね
ごま油をいれてネギから出てきた水分と
乳化させつつ混ぜていくだけで完成

全部材料費をいっぺんに入れて混ぜるより、胡麻油入れる前に「結構濃いな」ってくらいの味付けをしたネギ塩にごま油を和える感じで作ります。

ネギと胡麻油以外の調味料を混ぜて、ネギの水分を出し、そこに胡麻油を入れて混ぜていき乳化させることでとろっとしたネギ塩タレになります。

ネギを噛んだときにしっかり味がするネギ塩タレになりますよ。

作ってすぐはネギが辛いことがありますが、10分くらい置いておけば辛味も収まります。

ごま油の部分には塩味がないので、ネギたっぷりの具沢山で作った方が美味しいかな。

ネギの代わりに玉ねぎをでも作れるよ。生の玉ねぎが苦手なら電子レンジでチンしてから作ってみてね。

こんな感じでいただきました

ノンフライヤーオーブンのメリットとデメリット(2.5Lサイズの使用感)

うちで使ってるノンフライヤーオーブン はYouTuberのファビオさんが紹介してたものです。デザインがカッコよくてすきです。常設して使う家電調理器具はデザイン大切ですよね。

ノンフライヤーオーブンはうるさいかなと思ったらけど、電子レンジの稼働音くらい。

うちの猫も1歳のこどももリビングでノンフライヤーオーブン使っても気にせず寝てます。

ノンフライヤーは1から何が揚げ物を作るより、冷凍の唐揚げやフライドポテトやナゲットの調理や買ってきた揚げ物の温め直しに向いてます。

冷凍のナゲット
冷凍のひと口ハッシュポテトと唐揚げ
自分でじゃがいも切って作った
ノンフライヤーポテト
油で揚げる冷凍コロッケはうまくいかなかった
味をつけた砂肝に片栗粉をつけて作った唐揚げ
最近はデザインがスタイリッシュなものが増えてきました。
こんな感じ
そこが2重になってて下に余分な油がたまるよ

ノンフライヤーオーブのメリット▶︎お惣菜や冷凍の揚げ物の温め直しをするとサクサク!

一度揚げて冷凍してある冷凍食品の調理や惣菜の唐揚げやトンカツなどの温め直しは抜群に美味しい!

マクドナルドなどのファーストフード店のフライドポテトの温め直しも美味しいです。

惣菜の唐揚げを温め直すと余分な油が落ちてサクサクになり、余分な油を摂取せずに済みます。

揚げ物のカロリーが気になる方、お惣菜をよく買う方、お弁当作りをしてる方におすすめです。

うちは基本、唐揚げは買ってくる派なので、温め直しはノンフライヤーオーブンでいつもしてます。

ノンフライヤーオーブンのデメリット▶︎1から揚げ物をするのは不得意

一から唐揚げを作ったり、今回みたいに豚肉をカリカリにすると中にこびりつきます。

また、美味しく調理するには調理時間中に放置せず、途中で中を混ぜてムラが出ないようにする必要があります。

コツを掴むまで、カリカリだけど芯がまだ冷たかったとかそういうことはあるかな。

【まとめ】ノンフライヤーオーブンは買ってよかった

ノンフライヤーオーブンのメリット
  • 短時間で揚げ直しができる
  • 余分な油が落ちる
  • お弁当やちょっとしたおやつに冷凍の揚げ物がすぐ揚げれる
  • 電子レンジより稼働音はうるさくない
  • 油を使わないので後片付けが楽
ノンフライヤーオーブンのデメリット
  • 1から衣をつけて揚げるような揚げ物は不得意
  • 中に衣などが張り付いてしまうと剥がすのに一苦労
  • 揚げムラができやすい
  • 人によっては稼働音がうるさく感じる

揚げ物油の処理が大変ですごく億劫なので多少こびりつきがあってもノンフライヤーで調理することの方が多いです。

あと、もう冷凍のチキンナゲットをノンフライヤーで調理することのお手軽さと美味しさを知ってしまったら戻れません。(?)

夏にはゴーヤをノンフライヤーオーブンでゴーヤチップスにしたりと本当に大活躍です。子育て中ってさ、「揚げたて」が食べれないからノンフライヤーを買って本当によかったよ。お手軽に揚げ物やサクサク食感の食べ物を作りたいならぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでくれてありがとうございます。

他にもいろいろ作ってるのでよかったらみてってね。

タイムセールに良くかかってます
こまめにチェックしてみてね

コメント

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました