【簡単】ゴーヤの苦味を自分好みに和らげるやり方【砂糖と熱湯を使用】

台所仕事(Usual Japanese food)
にゃんた
にゃんた

今日は苦くて有名なゴーヤの苦みを和らげる下ごしらえの方法を書くね。
苦すぎるのは嫌だけど、苦くないのも美味しくないよね。

良い感じの好みの苦さに調節するやり方なので

ゴーヤチャンプルーにしてたべたよ
この方法でゴーヤの苦みを取れば食べに行かなくても
好みのゴーヤチャンプルーが作れるよ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単!家にあるものでゴーヤの苦味を取る方法

ゴーヤの苦味は砂糖で揉んで、熱湯で湯がくと取れる

ゴーヤは普通にワタをとって塩ではなく砂糖で揉んで10分から30分置いたら、熱湯で湯がくといい塩梅の苦味に変わります。

塩で揉む方法や湯がく方法を試しましたが、苦味が苦手なわたしには合わなくて、最終的には砂糖で揉んでから湯がくと美味しいと気づきました。

本当に簡単です。熱湯で湯がいてる時に味見して好みの苦さになったら引き上げてください。

それだけでゴーヤが美味しく食べれますよ!

一気に作って、冷ましてから冷凍すればいつでも料理につかえますよ。

砂糖でもむ
熱湯でしっかり湯がく
味見して好み苦味にする
この方法でゴーヤの苦みを取れば食べに行かなくても
好みのゴーヤチャンプルーが作れるよ

うちのゴーヤーチャンプルー(オイスターソース使用)

せっかくゴーヤを茹でたのでゴーヤチャンプルーを作ります。

各家庭によって作り方とか違うけど、うちのゴーヤチャンプルーは豚肩ロースとオイスターソースが決め手。

ガッツリ系のゴーヤチャンプルーにしてます。

作っていくね。

ニンニクと豚肉を炒めるよ
この日は時間がなくて、ニンニクと豚肉を同時に炒めた
味付けはこれと鶏がらスープ
お肉の色が変わったらオイスターソースと出汁醤油を入れて味付け
豆腐を入れて少し煮込む
ゴーヤチャンプルーの汁気を卵で閉じる
卵に火が通ったら鰹節をかけて完成!
この方法でゴーヤの苦みを取れば食べに行かなくても
好みのゴーヤチャンプルーが作れるよ

簡単で美味しいよね、ゴーヤチャンプルー。

よかったらこの夏いっぱいゴーヤ食べてね。

他にもいろいろ作ってるのでみていってね。

 

 

コメント

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました