【本格ファミレス】イタリアンハンバーグとミートソースパスタ【

台所仕事(Usual Japanese food)

最近作ったイタリアンハンバーグとミートソースのパスタのはなしです。

イタリアンハンバーグのトマトソースの本格的なファミレス風の味付けと、たくさん作れるミートソースパスタのコツを書きます。

たまにはこういうご飯もいいよね。

お肉ゴロゴロ。鶏肉のミートソースパスタ。
残り物で作るお肉ゴロゴロミートソースパスタ



鶏肉でつくるミートソースパスタ

うちでは鶏肉をたくさん買ってきたら塩をすりこみ、冷蔵庫にストックしておいてます。

そうするとお肉の臭みと焼いた時の固さが取れて食べやすいです。

この日のミートソースはチキンライス を作った時に余った鶏肉をブンブンチョッパー でひき肉にして使いました。

フードプロセッサーを使った方がいいのですが、こどもが寝てる時な音がうるさくて使えないのでこういう時はブンブンチョッパーを使ってます。

簡単にひき肉に

ひき肉は何使っても美味しいですが、牛肉だとこどもが食べてくれないのでうちは豚か鳥でミートソースを作ってます。

あとはもう簡単。

鶏ひき肉と野菜を炒めて、ホールトマト・ソフリット(なければコンソメやブイヨン)・塩胡椒・砂糖・バルサミコ酢で味を整えて完成です。

この時は冷蔵庫に余ってた中途半端な野菜を入れたな。

お好みの味にしてね。
バリラ 100g取り出せるケース
バリラを使います
パスタが100gずつ取り出せる
ケースつきが売ってた

パスタ計量カバー付きのバリラが売ってたから買ってみたよ。

使い始めだからスルッと出てこないけど、ドバッと落ちてこないのでストレスないね。

可愛いパスタケース見つけたから買うまでこれで我慢かな。

話を戻して、パスタを茹でたらミートソースの鍋に入れるよ!

こうするとミートソースの「ソース足りない問題」が発生せずにすむよ。

あと、単純にこっちの方がかけて食べるより美味しい。

パスタ200g以上茹でて作るなら和えてしまう方が楽ですね。

こどもがいてたくさんパスタ作らないといけない方はこの「ミートソースパスタにはじめからパスタを和えてしまう」方式つかうと楽ですよ!

鶏肉だから罪悪感少なめ
たくさん食べよ!



ファミレスイタリアンハンバーグソースの作り方

以前書いたハンバーグ の記事のハンバーグの作り方でハンバーグを作りましたが、今回はハンバーグにかけるイタリアンソース(トマトソース)のことを書くね

簡単に本格的なファミレスの味になるから試してみてね!

ニンニクの香りをオイル移したら
ニンニクは取り出してしまう
玉ねぎと好みの野菜を炒めて
白ワインでテンション上げる
いつものトマトペーストを大さじ2くらい
バルサミコ酢はすこし高いのかってね
世界観変わります
砂糖、塩胡椒、バジルとオレガノで調整しておわり

トマト缶ではなくトマトペーストをつかうか、市販の「基本のトマトソース」を使ってみてください。

コツは少量のバルサミコ酢とバジルとオレガノをガッツリ入れることです。

そしたらもうファミレスのイタリアンソースです!

好きな具材で作ってね

トマト系の料理を作る時は本当に「基本のトマトソース」が便利ですね。

もう本当に万能。試してない方はスーパーのトマト缶の近くに置いてあるから試してみてほしい!

ブログに写真を載せなかったら今回も使ってたと思います。

単品だと足りなかったりするけど、そこら辺はあるもので補ってね。

ここまで読んでくれてありがとうございます!

よかったら他の記事もみてってね!

▶︎チキンライスとクリームシチューはこちら

▶︎お肉ゴロゴロ系ミートソーススパゲッティはこちら

コメント

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました