【野菜たっぷり】ふんわり柔らかい子供向けハンバーグ【隠し味は味噌】

台所仕事(Usual Japanese food)

昔、一人暮らしの時にネット検索でハンバーグのレシピを調べてたら「びっ○りドンキーの元店長」(以下、店長という)と言う方があのハンバーグの作り方を教えてくれるサイトを見つけたんです。

本当に元店長なのかどうかは定かではありませんが、そこで学んだハンバーグの作り方をアレンジして、今わたしのハンバーグはあります。

とても簡単なので、よければ試してみてください。




隠し味は味噌とマヨネーズ!ふんわりハンバーグ

ハンバーグのタネの味付けはどうしてますか?

塩胡椒のみ?ケチャップ?ソース?

店長は「マヨネーズと味噌が隠し味」と言ってました。

昔のことなので、今はもう目分量で入れてます。

ひき肉300gに対して、小さじ1でも味がしっかりつくので、初めて試す人は少な目の方がいいかもしれません。

あとは普通のハンバーグの作り方だったと記憶してます。

ナツメグとかコーヒーフレッシュも書いてあったと思いますが、入れてなくても美味しいです。

このくらいです(マヨネーズも同じくらい)

こどもに野菜食べさせるハンバーグ

店長のハンバーグに出会って10年。

わたしにも家族ができました。

3歳になる娘は野菜嫌い。

なので、店長のハンバーグをアレンジしてお野菜たっぷりにしてます。

ニンジン、セロリ、玉ねぎたっぷり

野菜たっぷり入れるといっても、ニンジン・セロリ・玉ねぎのソフリットを入れるだけです。

とことん炒めてこれを
こう!

一度にたくさん作ると大変ですが、少量だったら20分くらいでできます。

野菜はブンブンチョッパーで切れば、すぐ木っ端微塵です。

うちではソフリットを1度にたくさん作って小分けにして冷凍にしてます。

そのソフリットと、透明になるまで炒めた玉ねぎ(食感要員)を入れて味噌とマヨネーズで味付けしたハンバーグをこどもに出してます。

これ1個全部むすめは食べます

野菜の甘みが強く、柔らかいハンバーグは娘のお気に入りで週1回は食卓に並びます。

一時期、野菜食べなさすぎて肌荒れがひどかったですが、野菜を何とか食べさせて今は少し改善して本当に良かったです。




混ぜるだけの簡単ハンバーグソース(カレー粉入り)

ハンバーグのソースといえば、堀北真希さんが「チューボーですよ」で言ってたケチャップとソース混ぜたのが王道ですよね?

うちでもそうしてました。

新婚当初なんとなくみたヒルナンデスでたいめい軒のシェフが「ケチャップとソースとほんの少しカレー粉」をまぜたソースを紹介しており、真似したら美味しくてッ!

それ以来ハンバーグのソースはこのカレー粉入りのものを作ってかけてます。

いい感じにジャンクになるのでこれは是非試してほしいです。

ほんの少しだけ、
ティースプーン半分くらい入れます。

うちのハンバーグは、こんな感じで作ってます。

プロが作る肉汁じゅわ系も魅力的ですが、合い挽き肉で作るお野菜たっぷり柔らかハンバーグもたまにはどうでしょう?

こどもができるとハンバーグ一つにしろいろいろ考えますね。

▶︎肉なしはんぺん豆腐ハンバーグはコチラ

家庭によっていろんなレシピがある料理って作ってても調べてても楽しいかなと思い、今回はおうちハンバーグの紹介をしました。

冒頭の店長の話はご内密にお願いします。

元気にしてるかな、店長。

よかったと思っていただけたらブログ村のボタンをポチッとお願いします!

▶︎肉なしハンバーグレシピはコチラ

▶︎すぐ揚げ物ができるノンフライヤーレシピはこちら

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました