【お肉ゴロゴロ】ハンバーグで作るミートソースパスタ【大量調理】

台所仕事(Usual Japanese food)

今回はハンバーグで作るパスタソースの作り方について書きます。

お肉だけのハンバーグを焼いて豪快にトマトソースの中で煮込み、「お肉ゴロゴロミートソース」にします。

ハンバーグにしなくても、フライパンにひき肉を敷いて、片面がこんがり焼けるまでしっかり焼き、トマトソースのなかでほぐせばお肉ゴロゴロ系のミートソースになりますよ。

こんな感じのは最後に作り方書きました

ハンバーグを焼いたときの脂をソースに入れてしまい失敗する

今回はしっぱいしちゃった。

 

ハンバーグ焼いた後の油を入れたせいで、ソースが脂っこくて胃もたれしちゃったし、もう何だかなぁな夕飯でした。

今回は失敗したので、特にレシピとかそういうのはないです。

好きなレシピのハンバーグを、でかくして夢バーグにしてください。

うちはそれだけじゃ、家族全員お腹いっぱいにならないので、トマトソースで煮てパスタにします。

めっちゃ簡単なのにこども用に作るとうまくいかないね。

どうして失敗繰り返してるのかな。

次は成功するように記録しておこうと思います

 

これが小さいと思うなら、大人になった証拠。
うちの娘は「わぁーーー!」っていったよ。

ハンバーグに使うお肉の種類は?

ハンバーグのひき肉なに使いますか?

大人なら合い挽きや牛100%がいいですが、今回はこどもの柔らかい仕上がりを目指したので豚ひき肉のみで作りました。

適当に豚ひき肉、赤ワイン、塩胡椒、ニンニクで味付けして、こねこね。

豚は牛より旨味が弱いので、ここでパンチェッタや生ハム入れた方が美味しくできるかなと反省しました。

パン粉とか卵のつなぎは、パスタソースにするので入れません。

肉をこねたら、少し冷蔵庫で休ませます。

その間にトマトソース作り。

玉ねぎ、セロリ、にんじん、乾燥ポルチーニを炒め、トマト缶とかケチャップを入れてお好みの味にしてください。

トマトソースは市販の基本のトマトソースに具材を足していくと美味しいですよ。

缶タイプは缶を捨てるのが手間なので、パウチタイプのをスーパーで買ってます。

ソースが出来上がったら、ハンバーグを焼いてソースの中に油ごとドポン!!

本当はもっと迫力ある予定でしたが、わたしは大人なのでそこまで心震えませんでした。

ハンバーグを10分くらい煮込んだら、ヘラで粗く潰してパスタソースと一体化させます。

あとは、コトコト煮込んで好みの味に調整したら、茹でたパスタをそのまま鍋に入れて、1分から2分煮込んで終わり!

見た目はいいんだけどね。

 

 

これは夫に作った夢バーグベータ版

やっぱりハンバーグに牛が入ってないと味が物足りないね。

牛タン先を塩麹に漬けて柔らかくしたのを刻んでいれたハンバーグで、作ったときは美味しくできたのに。

うまくできたお肉ゴロゴロハンバーグミートソースの作り方

 

ハンバーグにしなくてもお肉ゴロゴロ系ミートソース(ボロネーゼ)の作り方のコツがわかったのでシェアします。

めっちゃ簡単です。味付け塩胡椒をしっかりしたお肉をフライパンに平べったく敷いて両面を焼くだけです。

塩胡椒をしっかりすること、お肉を焼いた際に出る脂はソースに入れないことが重要です。

写真でシェアします。

ニンニクを香りが立つまで炒める

玉ねぎ・にんじん・マッシュルームの
ソフリットをつくる

赤ワインとバルサミコ酢を煮詰める

トマト缶と煮詰めた赤ワインを
ソフリットと合わせて煮込む

お肉を敷いてよく塩胡椒をして表面が
カリッとなったらソースの鍋に入れる

焼いたお肉を塊のまま入れて中でほぐす
好みの味に整えた完成

うどん屋さんの生パスタつかうよ

ゴロゴロミートスパゲッティー

美味しかったよ

今回の味付けは教えてもらった野菜ジュース、砂糖、ごく少量の酢、塩、メープルシロップ、胡椒、バターを使いました。

後で生クリームかけてたべるので少し酸味が尖ってる感じに調整。

ここら辺は好みですよね。

生パスタのリングイネと和えて食べたらもう最高です!


おうちパスタっていいですよね。

パスタもご飯も好きで他にも作ってるので、よかったら見ていってください。

▶︎洋風冷やし中華的な冷やしパスタはコチラ

▶︎自宅で簡単ワタリガニのトマトパスタはこちら

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました