【あまりがちな黒糖使用】いなり寿司の作り方【自家製ガリ】

黒糖 お稲荷さん いなりずし台所仕事(Usual Japanese food)

今日は黒糖を使った稲荷揚げでお稲荷さんつくっていきます。

黒糖と椎茸を使った濃いタレでつくる稲荷揚げでお稲荷さん作るとたまらないおいしさなので、甘しょっぱいのが好きな人はお砂糖を黒糖に変えて作ってみてね。

つまみ食いは1個で充分




黒糖で作る稲荷揚げ(お揚げ)

関西の人がひくくらい、黒い稲荷揚げがうちの定番。

黒糖のコッテリとした甘さに醤油。

みたらし団子好きな人はきっと好きよ。

作り方は簡単。

黒糖・塩・醤油・日本酒・水と煮汁を作って、椎茸を炊いたあと、油揚げを炊きます。

いつも通りちゃんちゃん、写真載せてきますよー。

買ってきたお揚げさんと椎茸
かじってたべるほど好きな黒糖
氷砂糖と同様、黒糖を先に水で溶かします
醤油とか諸々入れて好みの味になったら
椎茸を炊く




トースターで油揚げの油抜き

油揚げの油抜きってどうされてますか?

うちはフライパンで焼くか、トースターで焼いてます。

お湯沸かすのめんどくさいので、簡単にしてます。

軽くサクサクになるまで焼くよ

焼いた油揚げに切れ込みを入れて開いてから椎茸の煮物と軽く煮ます。

押し付けながら染み込ませるよ
軽く煮込んだらタッパに入れて冷まします

これで黒糖使った稲荷揚げ完成です!

椎茸を一緒に炊いてるから旨味も強くて癖になるよー。

疲れた時に効くアマジョッパさ!

黒糖を先に溶かして全体の甘さを決めてから作るけど、その時々の体調で黒糖足したりしてます。

アルミ製土鍋でご飯を炊く

今年買ってよかったものにランキングされてるのは、アルミの炊飯用土鍋。

炊飯用の土鍋はハリオのを2合と5合所持してるのですが、こどもが鍋おきの棚で遊びたがるので危なくてしまいました。

割れる心配が少なくて軽いアルミの土鍋を買って使うようにしたら本当に楽です。

厳密に言えば土鍋とは仕上がり変わりますけど、30分かからないで炊けるので重宝してます。

土鍋が重いとか割れそうで怖いなら試してみてもいいかも。

よかったら見てみてね。

手作りガリ椎茸のお稲荷さん

お稲荷さんの具って何を想像しますか?

プレーンもいいし、白胡麻もいい。

刻み梅もいいし、じゃこと大葉もいい。

お稲荷さんって最高。

今回は稲荷揚げと一緒に炊いた椎茸と作り置きしてるガリで作りました。

(うちの新生姜の甘酢漬けはこちらにあります)

ガリはこのために作ってると言っても過言じゃないくらい合いました。

酢飯はちょっと薄いくらいでも、稲荷揚げがしっかりした味にしてあるのであいます。

脳に染みる甘いお稲荷さん。

本当に最高です。

豚汁と食べればパーフェクト

ここまで読んでくれてありがとうございます。

他にもいろいろ作ってるのでよかったらみてみてね。

▶︎あまりがちな氷砂糖つかった煮物はこちら

▶︎あまりがちな蜂蜜を使った料理はコチラ

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました