【氷砂糖レシピ】イカと里芋の煮物【コックリ甘い】

台所仕事(Usual Japanese food)

今年、梅酒とか果実酒作りましたか?

その時使った氷砂糖残ってませんか??

うちにも余ってる氷砂糖があります。

果実酒を作ったあとの、残って使い道がない氷砂糖を使った簡単氷砂糖消費でにる煮物を今回は作ります。

氷砂糖使った煮物
イカと里芋の煮物

氷砂糖ってなんなの??

氷砂糖は簡単にいうと砂糖水を時間をかけて水分のみを蒸発させて、残った砂糖が再結晶化したものなんで砂糖の代わりに使えます。

結晶化中に不純物が水と一緒に出ていくので純度が高いから、長期保存する果実酒と相性が良いんですよね。

だから、氷砂糖で煮物って言ってもとても簡単で、普段の煮物のお砂糖を氷砂糖にするだけです。

ただ溶けにくいので、きちんとお水と一緒に煮て、溶かしてから調理工程に行ってください

この量で10分くらい
溶かすのに時間がかかりました。

里芋の皮むき愛の試練

何の煮物作る??

スーパーで安くなってるとイカと皮付きの里芋みつけちゃったから、今日はイカと里芋の煮物にするよ。

むくよ。

寒くなってくると、里芋みると買っちゃうよねぇ。

美味しいよね、里芋のコロッケ。

里芋のコロッケ好きなんだけど、なかなか売ってないから作るの。

ま、今日は煮物にするけど。

里芋の皮むきってちょっと大変。

毛がつくし湿った手で触るとぬめりがでるし。

別に良いんだよ、旬のものを食べてほしいし。

でも、一口でぽんって里芋食べてる夫を見てると「感謝の咀嚼30回しろッ」って心のどこかで思ってしまうのよ。

そんくらいめんどくさいのよね、里芋は。

皮剥いたら、茹でてぬめりとったりするんだよ。

愛があるからやるんだよ、伝わって。

氷砂糖を使った煮物のコツ

氷砂糖を鍋で溶かした後に醤油・みりん・料理酒いれていつもの煮汁や煮物をつくってね。

溶けるのに10分近くかかるので、いつも通り作ったら大変なことになります。

氷砂糖をきっちり溶かしたとこからスタート

味付けについてですが、純度の高い氷砂糖使ってるのでいつもの砂糖の分量溶かすと甘くなりすぎます。

氷砂糖の量をいつもの砂糖の量より減らすか、他の調味料を増やして調整してください。

いつもの砂糖の量の半分くらいで様子を見て、甘さが足りなければ普通の砂糖を足す方が失敗は少ないと思います。

そこら辺はご家庭の好みでお願いします。

煮汁ができたらイカをポンッ!

イカに火が通ったら、固くなるので一旦取りだして里芋を煮ます。

取りだしておくよ

里芋に竹串がスッと刺さるようになったら、火を止めてイカを戻して、はい完成!

冷ますと固くなるから、すぐ食べないときは里芋は竹串刺さってから5分から10分炊いた方が柔らかく食べれるかも。

それは好みかな。

冷ましながら味を染み込ませます

寒くなると食べたくなるよね、里芋って旬っていうより、寒さとワンセットみたいな感じ。

氷砂糖で作るとなんか照りが出るような気がします。


イカと里芋の煮物ってさ、人が食べてるの見てると食べたくならない?

冷凍の里芋もあるし、簡単だから初めて作る人もやってみてね。

一回イカを取り出すのがコツだよ。

イカを使った煮物はイカの風味を煮汁に移したら、イカを取り出し他の具材を煮るのがイカが固くならないコツです。

簡単なんだけど、買うとなるとなかなか売ってないのよー。

肉じゃがはよく売ってるのにね。

イカと里芋の煮物が食べたくなった人はgoodボタンとブログ村をポチッとお願いします!

結構な量の氷砂糖つかいました。

▶︎あわせて食べたい晩酌専用玉子焼きはこちら

▶︎あまりがちなみ黒ゴマで作るカレーはコチラ

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました