【こどもも大好き】片手鍋で作るスモークキャンディーチーズ【溶けないコツ】

燻製(Japanese smoked food)

今回は燻製器を使わず片手鍋で作るキャンディーチーズの燻製の作り方を書きます。

カレー味とブラックペッパー味を含めて3種類用意しました。

溶けやすいキャンディーチーズだけどコツさえ掴めば簡単にできます。

よかったら作ってみてね。

キャンディーチーズの燻製

カレー味とブラックペッパー味を作るよ

 

プロセスチーズは溶けやすいので対策が必要

キャンディーチーズなどのプロセスチーズは、ものによって溶けやすいので注意が必要です。

わたしが今までで一番溶けて困ったのは「切れてるチーズ」かな。

結構大きい塊のまま燻製したら形が崩れるくらい溶けたのでびっくりしました。

あと、モッツァレラチーズが入っているものも溶けやすかったです。

チーズは溶けやすいので、燻製にするときはチーズの下にアルミホイルやクッキングシートを敷いて燻製にすると溶けても下のスモークチップの上に垂れず、もったいないことにはならないと思います。

チーズが溶けたとき対策(スモークチーズ)

クッキングシートの方がおすすめ

 

キャンディーチーズで3種類のスモークチーズをつくるよ

キャンディーチーズは全部そのままスモークチーズにしてもいいのですが、今日はカレー味とブラックペッパー味も作ってみました。

作ったといっても、チーズの頭にカレー粉と胡椒を付けただけだよ。

一味とかつけても楽しいからよかったら試してみてね。

スモークチーズの味付け(カレーと胡椒)

いろんな味があると楽しいよね

自宅で簡単スモークチーズの作り方と溶かさないコツ

スモークチーズの作り方のコツは「きちんと煙がたったところにいれて煙でコーティングするようなイメージで燻製にする」ことです。

チーズを燻製器(今回は燻製器ではなく、片手鍋で代用)に入れる前に、きちんとスモークチップから煙をだします。

スモークチップに火をつけるコツは3-5分強火寄りの中火にかけてじっと待つことです。

スモークチップをいじると温度が下がって煙がでるのが遅くなるので、じれったいけど耐えてみてください。

今回のスモークチーズは2回燻しました。

1回目の燻製時間は、弱火で4分いぶし煙が落ち着くまで蓋を開けずに3分くらいおいておきました。

チーズの汗を拭いた後、2回目の燻製も1回目と同様に行いました。

燻製前のキャンディーチーズ

燻製前の状態

チーズが溶けたとき対策(スモークチーズ)

4分燻製した(1回目)

 

スモークチップの残り具合

1回目のスモークチップの残り具合

2回目の燻製(スモークチーズ)

2回燻製したキャンディーチーズ

スモークチップの燃え残り

2回目の燻製後のスモークチップの状態

自家製スモークチーズ

おひとつどうぞ

キャンディーチーズは溶けやすいから

このくらいにしてます

一気に色を付けようとせずに、短時間の燻製を繰り返し行ったほうが溶けにくいのでよかったらやってみてください。

ちょっと手間だけど美味しいよ。


「食べたいけど作れない」って方には株式会社POSSE さんの燻製がおすすめです!

実際取り寄せて食べて美味しかったのでよかったら、ポッセさんのオンラインストア を覗いてみてね。楽天 でも商品購入することができますよ。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

他にもいろいろ作ってるのでよかったらみていってね。

▶︎燻製器なし、6Pチーズで作るスモークチーズはこちら

コメント

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました