【燻製方法比較】ファミリアチーズの燻製【スモークチーズ】

燻製(Japanese smoked food)

燻製するならやっぱりチーズはマストですよね。

6Pチーズもベビーチーズもキャンディーチーズもやりましたが、1番のおすすめはブロックタイプのチーズ「ファミリアチーズ」です。

他のブロックチーズ試したけど
価格とボリュームと味はこれが1番好み
中身はこんな感じ
1/2や1/4にカットして使用

切れてるチーズは燻製中溶けやすい

切れてるチーズでスモークチーズ作りをしましたが熱で溶けやすく、「いい香りの煙で燻し、食材に火を入れつつ脱水を促し味を濃縮する」燻製料理の良さが出ませんでした。

切れてるチーズのレットチェダーは溶ける

スモークチーズの燻製方法の比較

わたしは食材をスモークチップを使用して高温で燻す「熱燻」と、スモークウッドを焚いて60度くらいの温度で燻す「温燻」の両方でスモークチーズを作ってます。

好みが分かれると思いますので、参考までに書いておきます。

スモークチップで作るスモークチーズ

スモークチップを焚いて高温で燻す「熱燻」でスモークチーズを作ると、熱により強く脱水が促されるためか、チーズの味がギュッ濃縮され固めの仕上がりになります。(味が濃くて好き)

ただ高温で燻すためチーズが溶けやすく、また燻製の香りが長時間行う温燻より弱いです。

私はこちらの方が好きです。短時間でできるし、何より味が濃い!

コツさえ掴めば溶ける失敗も少ないです。

 
高温の煙で燻したため強めの脱水が行われ
チーズの内部に穴ができた
クッキングシートに乗せて溶けたとき対策

スモークウッド燻すスモークチーズ

スモークウッドを利用した「温燻」は熱燻よりも、長時間燻すので燻製の香りが強いです。

熱燻よりも味がマイルドで、チーズの食感も柔らかいため2歳の娘はこちらの方が食べやすいようです。

チーズが溶けにくく、角が取れないため比較的見栄えがよく仕上がります。

チーズの角が溶けにくい


燻製方法の違いを書きましたが、共通して一番やらなきゃいけないことは食材の「汗をふく」ことです。

燻製は「いい香りの煙で燻し、食材に火を入れつつ脱水を促し味を濃縮する」料理なので、食材から出てくる余分な水分を取り除く必要があります。

水分を拭かずにそのまま燻し続けると、水分と煙が嫌な化学変化を起こして酸っぱい香りと味が付きます。(本当に食べれなくなります)

思ってるよりもたくさん水分がでる

状況確認を行う際に、キッチンペーパーで拭きましょう。(蓋についてる水滴も拭いてね)

その際、手に燻製の色がつくので気になる人は手袋してください。

本当に汗拭きをしないと、せっかく手間暇かけてやったのに酸っぱくて食べれなくなります。

わたしも、めんどくさくてやらなかったことありますよ。

燻製の色がついてる面を切り取ってたべても食べにくく、残念なことになりましたね。

スモークチーズはこどもが好きで良く作るので、いろいろ試してます。

また別の機会に味付けやグラデーションについて書こうとおもってます。

簡単カマンベールチーズの燻製(手作り)
カマンベールチーズは最高よ

「作らないけど美味しい燻製を食べてみたい」って方には株式会社POSSE さんの燻製がおすすめです!

実際取り寄せて食べて美味しかったのでよかったら、ポッセさんのオンラインストア を覗いてみてね。楽天 でも商品購入することができますよ。

▶︎自家製燻製で作ったライスバーガーはこちら

▶︎片手鍋で簡単に作る燻製のやり方解説はこちら

 
error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました