【グルメのタレ使用】味がしっかりきまる、バーベキューソースの甘口炒飯【自家製ベーコンレシピ】

台所仕事(Usual Japanese food)

「ヨシダフーズ グルメのタレ」 と自家製ベーコンを使ってよく作るうちのチャーハンの紹介です。

ふグルメのタレで甘いので1歳と3歳の子供がよく食べてくれます。

パラパラ炒飯ではないけど、美味しいよ!

大人はキムチを乗せて食べてるよ!




今回の炒飯のお肉は自家製ベーコン

私は自家製ベーコンを作るのが好きです。やり方を変えながら、塩分濃度を変えながらそのベーコンを何に使うか考えて作ってます。

この日はソミュール液で塩漬けにして作ったベーコンを使用しました。

このベーコンはそのまま焼いて食べれるように塩分控えめにしたんですよね。

だから煮込み料理より、炒飯とかの具にあいます。

詳しいベーコンの作り方はこちらに書いてます。

ソミュール液でつくる自家製ベーコン
こんな感じです

グルメのタレで作る甘口炒飯

うちには1歳と3歳のこどもがいて普通の炒飯の味付けだと、あんまり食べてくれないのですがグルメのタレ を使って味付けするとたくさん食べてくれます。

こどもはこの炒飯が好きですが、大人には甘いのでキムチを添えてたべます。

しっかり味がつくようにグルメのタレを入れるのでしっとり系炒飯になりますが、美味しいので試してみてね。

今回の材料。
余ってたパンチェッタもどきも入れます。
パンチェッタもどき
ご飯とは別に具材を炒める
しっかり目に塩胡椒で味付けしたよ
炒飯のためにご飯を炊きました
たまご3個使ったよ
ご飯を入れて塩胡椒しておく
具材を合わせていく




大さじ2くらい入れてみるよ
甘すぎると嫌なので醤油も少しいれる
好みの濃さに味付けできたら完成
キムチを乗せるのがすき

グルメのタレを入れる時は、具材もご飯も同じ味になることを避けるために具材は具材で炒めて、後から合わせるようにしてます。

ちょっと手間だけど、家族4人分作るとなると別々に炒めた方がうまくいくとおもいます。

今回はベーコンとあわせて自家製パンチェッタも入れました。

炒飯のお肉はウィンナーの日もあればハムの日もあります。

ありあわせで毎回作りますが、グルメのタレ さえあればどうにかなるのでよかったら買ってみてね!

ここまで読んでくれてありがとうございます。

他にも作ってるのでよかったら見ていってね。

▶︎カセットコンロで作れる自家製ベーコンの作り方はこちら

▶︎市販のルーの組み合わせ紹介!トマトカレーの作り方はこちら

コメント

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました